フィンジア

フィンジアとリアップを比較した結果は?あなたに合うのはどっち⁉

フィンジアとリアップは、どちらも良く耳にする育毛ケア商品だと思われます。薄毛の悩みを抱えている人で、どちらを購入しようかと迷っている人もいるでしょう。

そこで、フィンジアとリアップを徹底比較してみました。この記事を読んで頂ければ、あなたに合うのがどちらか分かるかもしれません。

ぜひ参考にしてください。

フィンジアとリアップは分類が異なる

まず最初に、フィンジアとリアップの大きな違いから解説しましょう。

そもそも育毛ケア商品は、成分や目的によって分類が異なり、多くの育毛剤は医薬部外品とされています。

しかし、フィンジアは化粧品、リアップは第一類医薬品、という大きな違いがあるのです。この分類の違いから、それぞれの特徴を解説していきます。

フィンジア:化粧品

まずフィンジアは、化粧品に分類されます。化粧品と聞くと、効果が期待できないのでは?と思われがちですが、決してそういうわけではありません。

医薬部外品が使用できる成分や配合量に規制がある一方、化粧品であるフィンジアは、ある程度自由に配合できるメリットがあります。

フィンジアの主成分自体も、高い育毛効果が期待できるにもかかわらず、医薬部外品だと配合できない成分とされているのです。

そのようなことも含めて、フィンジアは化粧品として販売したのでしょう。

リアップ:第一類医薬品

続いてリアップは、第一類医薬品に分類されます。CMでも謳われているように、リアップは日本で唯一発毛効果が認められ、「発毛剤」と表記できる商品なのです。

ちなみに第一類ということで、薬剤師がいる薬局での購入が必要となります。

リアップの主成分ミノキシジルはAGAに高い効果が期待できる反面、副作用のリスクが伴います。そのため、リアップの使用には副作用も含めて検討する必要があるでしょう。

このように、化粧品・第一類医薬品という違いにより、それぞれに特徴がありますね。

フィンジアのメリットとデメリット

では次に、フィンジアのメリットとデメリットをご紹介していきましょう。

フィンジアのメリットとは

効果への信憑性が高い

フィンジアのメリットとして、主成分の育毛効果への信憑性が高いことが挙げられます。フィンジアは多くの臨床試験により効果が実証されているのです!

主成分の1つ「キャピキシル」を実験した結果、髪の成長活性率がミノキシジルの3倍もの効果が出たとのデータがあります。

また、もう1つの主成分である「ピディオキシジル」の実験では、ミノキシジルと変わらない育毛力が示されました。

リアップの主成分であるミノキシジルに副作用がある一方、ピディオキシジルは育毛力を残しつつ副作用を出にくくしているため、とても優れた成分だと言えます。

他にも、硬毛比率や毛穴数の変化率、実際の頭髪画像や被験者の意見など、さまざまな実験データを公表し、高い効果が示されているのは大きな強みでしょう。

DHT抑制で脱毛予防

続いて、薄毛対策の重要なポイントである、脱毛抑制力がフィンジアには備わっています。

AGA(男性型脱毛症)の原因である、脱毛ホルモンDHTを生み出す5αリダクターゼを阻害する働きがあるのです。

ピオカニンAという物質がDHT抑制作用を持ちますが、それに加えてヒオウギエキスも同じ作用を持つため、高い効果が期待できるでしょう。

リアップにはない作用であるため、フィンジアの大きなメリットと言えますね。

独自理論で浸透率アップ

フィンジアは、「ゲートアクセス理論」により浸透力が高いというメリットがあります。

それは、唐辛子の辛味成分であるカプサイシンを配合することで、その発汗作用により毛穴を開いて成分を浸透させるという原理です。

いくら成分が良くても、浸透しなくては十分な効果を発揮できないでしょう。

そのため、フィンジアではゲートアクセス理論を用いて浸透率を上げ、さらなる効果アップを狙っているのです。これもまた、フィンジアの強みと言えるでしょう。

副作用がなく安全性が高い

フィンジアは、副作用の可能性がほとんどなく安全性が高い製品です。

そもそもフィンジアには、危険な成分は配合されていませんし、これまで副作用が報告されたという話も聞きません。

体質によってはアレルギー反応が出る人もいるかもしれませんが、それは肌に合うかどうかであり、どの育毛剤においても同じことだと思われます。

効果が期待できる上に安全性の高いところが、フィンジアのメリットと言えますね。

全額返金保証制度あり

フィンジアは、安心の全額返金保証制度を設けています。

全額返金保証制度とは、肌に合わないなどの理由で使用しないと判断した場合に、商品代金を返金してもらえる制度です。

そもそも、自分に合わないかもしれない製品に高いお金を払うのは不安ですよね…

その点、フィンジアは全額返金保証を設けているため、安心して購入できるメリットがあります。

フィンジアのデメリットとは

購入はネット通販のみ

フィンジアのデメリットとして、ネット通販でしか購入できない点があります。

ドラッグストアや薬局といった市販の販売店では購入できません。そのため、実際に見てから購入もできませんし、すぐに手に入らないため、手軽さには欠けてしまいます。

しかし、市販するとコストが掛かり、代金がさらに高くなることを考えると、ネット通販のみでの販売も仕方のないことかもしれません。

一方で、普段ネットで買い物をしない人にとっては特に、大きなデメリットと言えるでしょう。

リアップより価格が高い

フィンジアはネット通販でしか購入できないのですが、その販売価格も決して安くはありません。

フィンジアの公式サイトでの購入方法とそれぞれの価格がこちらです。

購入方法 価格
単品都度購入 13,440円
1本定期コース 9,980円
3本セット※1本あたり 11,600円
3本定期※1本あたり 8,967円

1本あたりの金額が一番安いのは3本定期コースになりますね。

それでも、リアップが約7,000円程で市販されていることを考えると、やはり高く感じてしまいます。

このように価格が高いのは、効果が望める主成分などの原価が高いからだと思われますが、購入者としてはデメリットとなってしまうでしょう。

リアップのメリットとデメリット

続いては、リアップのメリットとデメリットを見ていきましょう。

リアップのメリットとは

発毛効果への信憑性が高い

リアップは、日本で唯一発毛効果が認められた育毛剤である点が、大きな強みと言えるでしょう。

具体的に、リアップでは長期にわたる臨床試験が行われました。その結果、リアップを使用して1年で、現状維持も含めて98%の人に効果がみられたのです。

効果というのも被験者の意見ではなく医師による判定であり、信憑性が高い結果となっています。このことから、リアップの発毛効果は高い期待がもてるでしょう。

効果期待大の主成分配合

次に、リアップは主成分にミノキシジル配合というメリットがあります。

育毛成分として有名なものであり、日本皮膚科学会でも、AGA治療においてミノキシジルを強く推奨しているのです。

あらゆる専門家により検証され、その効果が実証されているということ。それだけミノキシジルへの期待は大きいということになりますね。このようなことから、リアップの大きなメリットと言えるでしょう。

薬局など市販で購入可能

リアップはフィンジアと違い、市販で購入できるメリットがあります。

処方箋不要の医薬品であり、薬剤師がいる薬局やドラッグストアであれば購入可能な商品です。副作用のこともあるため、薬剤師から説明を受けてからの購入とはなります。

それでも、すぐに手に入る市販の販売店で購入できるのは、リアップのメリットでしょう。

広告が多く知名度が高い

最後に、リアップは知名度が高いという強みがあります。「有名な商品」というだけで、安心感を抱きますよね。

リアップは広告に力を入れているため、CMでもよく見かけるほどです。そして販売元が有名な大正製薬ということもあり、さらに信頼できるでしょう。

不安を取り去ってくれる知名度というのは、購入する上で一つの目安となるため、リアップのメリットと言えます。

リアップのデメリットとは

副作用の可能性あり

リアップの大きなデメリットとして、副作用の可能性があることが挙げられます。

必ず副作用が出るという訳ではありませんが、その発現率は8.82%であり、決して少なくありません。ちなみにリアップで副作用が出た人の多くが、湿疹やかぶれといった皮膚症状です。

その他にも循環器系の症状や、心不全といった重篤な副作用が起こる場合も。副作用は人それぞれですが、その可能性がある時点で大きなデメリットと言えるでしょう。

壮年性脱毛症が対象

リアップは、AGAだけに有効とされている製品です。

AGAは男性型脱毛症のことですが、別名「壮年性脱毛症」と呼ばれています。壮年の世代にあたるのは30代後半以上であり、その世代の薄毛症状こそが壮年性脱毛症ということになります。

つまり、リアップは若年性脱毛症向けではありません。20代~30代前半の世代には、あまり効果が望めない点がデメリットと言えるでしょう。

脱毛予防作用なし

続いて、脱毛予防作用がほとんど配合されていないことがデメリットと言えます。

リアップには発毛効果のあるミノキシジルと、頭皮環境保護成分は配合されていますが、脱毛抑制成分は配合されていません。

もちろんAGAに効果的な発毛力は期待できますが、薄毛は様々な要因により進行することを考えると、脱毛抑制力もあった方が良いでしょう…

そのための成分が配合されておらず、フィンジアと比較して脱毛抑制力に劣るのは残念なところですね。

全額返金保証なし

リアップは、全額返金保証制度を設けていません

フィンジアをはじめとする通販型には、返金保証が付いていることが多いのですが、リアップは市販ということもあってか付いていないのです。

副作用の可能性がある製品だけに、返金保証があると安心なのですが…もし副作用が起こっても返金してもらえないのは、損した気持ちになってしまいますよね。

このようなことから、全額返金保証制度を設けていないのはデメリットと言えるでしょう。

広告宣伝費で高い?

リアップは広告でよく見かけるため、宣伝費にコストが掛かっているということになります。その分、商品代金に上乗せされていると考えるのが自然ですよね。

また、リアップの元祖であり海外版と呼ばれる発毛剤「ロゲイン」は、サイトによっては3,000円以下で手に入る場合も。

それに比べてリアップの7,000円は高く感じますので、やはり広告宣伝費の分と考えられます。その点も購入者にしてみれば、あまり嬉しくないことでしょう。

まとめ:年齢によって選ぼう

フィンジアとリアップのメリット・デメリットをまとめるとこちらです。

メリット デメリット
フィンジア 効果の信憑性が高い 販売はネットのみ
脱毛抑制力あり 価格が高い
独自理論の浸透力
安全性が高い
全額返金保証あり
リアップ 発毛効果実証済 副作用の可能性あり
ミノキシジル配合 壮年性脱毛症のみ対象
市販で購入可能 脱毛抑制成分なし
知名度が高く安心 全額返金保証なし
宣伝費が掛かっている

それぞれに特徴があり、どちらが良いと言い切ることは難しいでしょう。

そこで結論としては…

「20代~30代前半の年齢の人は、フィンジア」

若年性の薄毛の場合は、様々な要因が重なっていることもあり、育毛効果+抜け毛抑制力のあるフィンジアがおすすめです。

また、そこまで薄毛が進行していない人も多いため、副作用というリスクを伴うリアップを初めから選ばなくても良いでしょう。

最終的にリアップという選択はありかもしれません。「30代後半以上の年齢の人は、リアップ」

リアップは壮年性脱毛症向けであり、まさに30代後半以降の人におすすめの製品だと言えるでしょう。

この年代では薄毛が進行している人も多いため、強力な発毛力をもつリアップが効果的だと思われます。

以上、購入を迷われている方は、年齢を含めた状況と照らし合わせて、あなたに合う製品を選択してくださいね。

\\安心!最安値で正規品は公式サイトだけ//